スポーツメンタルトレーニング指導士トップ > 資格の概要
スポーツメンタルトレーニング指導士 資格の概要
「スポーツメンタルトレーニング指導士」、「スポーツメンタルトレーニング上級指導士」、「スポーツメンタルトレーニング名誉指導士」の3種類の資格があります。
 それぞれ一定の条件を満たし、審査に合格する必要があります。
(1)スポーツメンタルトレーニング指導士
 競技力向上のための心理的スキルを中心にした指導や相談を行う専門的な学識と技能を有すると本学会が認めた資格で、以下の3要件をすべて満たす必要があります。
・本学会の会員として2年以上在会していること(退会した場合は資格を失効する)。
・原則として大学院でスポーツ心理学あるいは関連領域(体育・スポーツ科学、心理学など)を専攻し修士号を取得した人が対象。
・学術上の業績5点以上、研修実績10点以上、指導実績30時間以上、本学会の講習会の受講、最終審査1回2時間以上を受けていること等。
資格認定手続き
① 認定条件Ⅰ(書類審査)
 申請書類を提出し、書類審査に合格する(書類審査に合格していない者は認定講習会の受講はできない)。
 書類審査の内容は、履修単位、学術上の業績、研修実績、指導実績など、「指導士」と「上級指導士」はこれらの基準が異なる。
② 認定条件Ⅱ(資格取得講習会の受講と最終審査)
 書類審査合格後、資格取得講習会を受講し最終審査を受ける。
 資格認定希望者は資格取得講習会を必ず受講しなければならない。
(2)スポーツメンタルトレーニング上級指導士
 十分な実績とともに高度な学識と技能を有し、本資格の認定や認定講習会の講師を務めることができる資格。
・指導士の資格を持つ者。
・学術上の業績25点以上、研修実績30点以上、指導実績100時間以上等。
・5年毎の資格更新時に書類審査する。
(3)スポーツメンタルトレーニング名誉指導士
 スポーツメンタルトレーニングに関して顕著な活動実績や学術上の業績を挙げた人。
※詳細は「資格申請・更新の手引き」を参照してください。
資格申請期間
・新規資格取得希望者:4月1日~6月30日
・資格更新・移行者:11月1日~12月31日
資格委員会委員(2019年11月〜2021年学会大会時)
委員長(庶務会計部門長兼務) : 立谷泰久(国立スポーツ科学センター)
副委員長(資格審査部門長兼務) : 武田大輔(東海大学)
資質向上部門長 : 秋葉茂季(国士舘大学)
社会連携部門長 : 菅生貴之(大阪体育大学)
1)資格審査部門(資格認定作業他)
 部門長:武田大輔(東海大学)
 部門員:立谷泰久 (国立スポーツ科学センター)、秋葉茂季(国士舘大学)、菅生貴之(大阪体育大学)、
     土屋裕睦(大阪体育大学)、 荒井弘和(法政大学)
2)資質向上部門(研修会の企画運営他)
 部門長:秋葉茂季(国士舘大学)
 部門員:小谷克彦(北海道教育大学)、平木貴子(日本大学)、村山孝之(金沢大学)、
     筒井 香(株式会社BorderLeSS)、崔 回淑(IPU環太平洋大学)、内田若希(九州大学)
3)社会連携部門(競技団体への普及やジャーナルの発行他)
 部門長:菅生貴之(大阪体育大学)
 部門員:蓑内 豊(北星学園大学)、田中 ウルヴェ 京(株式会社ポリゴン)、江田香織(国立スポーツ科学センター)、
     黒川淳一(医療法人桜桂会犬山病院)、兄井 彰(福岡教育大学)
※部門員の任期は,年度を基準とした1年である。
 
ダウンロードコーナー
資格取得者一覧
指導士制度規定
申請・更新の手引き
新規資格申請用紙
様式1 様式2 様式3 様式4 様式5
様式6 様式7 様式8 様式9
まとめてダウンロードはこちら
資格更新申請用紙
様式1 様式4 様式5 様式7
まとめてダウンロードはこちら
地域別研修会認定基準
地域別研修会の申請手続
地域別研修会 書式
開催申請書 ※記入例はこちら
活動報告書 ※記入例はこちら
参加者名簿
まとめてダウンロードはこちら
 
 
日本スポーツ心理学会 資格委員会事務局
〒115-0056 東京都北区西が丘3-15-1 国立スポーツ科学センター 心理グループ内(立谷泰久)
お問合せ等はこちらからお願いします

日本スポーツ心理学会事務局
〒654-0044 兵庫県神戸市須磨区稲葉町7-2-17 株式会社サコム内
Tel. 078-732-2006/Fax. 078-735-1771